歴史

一大繩

 

地名に残る古代からの水田地帯

 

海老名耕地から有馬耕地にかけての水田地帯には大規模な方形の区角割りがあり、現在でも道や道路にその痕跡が残っています。この区画割りは、奈良時代の班田収授に基づく口分田のためのものとの説があり、口分田の大きさを縄を使って測ったことから、そのまま地名として残っています。※海老名市公式ウェブサイト参考

住所:海老名市めぐみ町
アクセス:海老名駅西口より徒歩6分
駐車場:なし

 


常在寺 

常在寺(本殿)常在寺(門)

日蓮宗駿州富士郡北山本門寺末です。「風土記稿」によれば、創建は文保年間(1317~18)とされています。江戸時代には慶安2(1649)年に、土地9石1斗について朱印地(将軍名の「朱印状」発給による寺社領地で、年貢や課役の免除が保証される)とされていました。
本尊は十界勧請大曼荼羅です。また、木造日蓮聖人坐像(像高35.7センチメートル)や延宝7(1679)年に奉納されたと思われる木造子安鬼子母神立像(像高49センチメートル)、日蓮宗大荒行堂にて感得された木造大黒尊天神(像高36センチメートル)等が祀られています。
山門には伝左甚五郎作の龍の彫刻が施されています。この龍が池の弁天様と遊んで参詣人を驚かせたため目に釘を打たれて釘付けとなり、後改心して、お寺や客人を守ってきたとの言い伝えが残っています。
境内に現存する樹齢400年の柏の木は、日蓮聖人が富士宮黒田存の本光寺に来て説教されたとき、村人が柏餅をこしらえて供したところ、聖人が大層喜んで食したという故事に因んで植えられたともいわれています。

住所:海老名市社家2-8-1
TEL:046-231-1608

アクセス:社家駅より徒歩11分
駐車場:あり


三島社 

三島社(本殿)三島社(鳥居)

鎮座地は社家字宇治山です。祭神は大山祗命です。
祭神の本地仏は、「風土記稿」によれば天保(1830~43)のころは薬師如来で、現在もいくつかの仏像が伝えられています。このうち木造薬師如来立像(像高49.4センチメートル)は寄木造で、江戸中期ごろの作とされます。
神体は武者姿の画像でしたが、昭和23年2月の火災で焼失したといいます。神木は周囲約8.5メートルの槻の木(現在は存在していません。)で中に空洞があり大蛇が住んでいたとの伝承があります。

住所:海老名市社家2-13-1
アクセス:社家駅より徒歩9分
駐車場:あり
 


史跡
相模国分寺跡・尼寺跡


史跡相模国分寺跡

史跡相模国分尼寺跡

 

史跡相模国分寺跡、史跡相模国分尼寺は、天平13(741)年に聖武天皇の「国分寺建立の詔」によって建てられた寺院跡で、国指定の史跡になっています。
国分寺跡の広大な土地は、市民の憩いの場として利用されています。

続きを読む


六刀碑・川寿稲荷

(六刀碑)

江戸時代の初めに、徳川家康の老臣であった高木主水助清秀は5,000石を賜り、中新田に居をかまえていました。家康は鷹狩を好み、中原(平塚市)での鷹狩の帰りに、老臣清秀の住居に寄って、時服等を下賜した、と伝えられています。清秀の子、正次の時に加増され大名となり、所領は河内国へ国替えとなりました。このとき、家臣のうち内田、遠藤、盛屋、杉本、鈴木、小川の6氏が中新田にとどまり近くの稲荷の森に刀を納めて土着し、農業に転じました。その功を残すため、子孫の人たちが昭和41(1966)年に建てたのが六刀碑です。

住所:海老名市中新田3-17-76
アクセス:厚木駅より徒歩12分
駐車場:なし


護王姫の碑

(護王姫の碑)

永亭の乱(1438年)のおり今泉館から当主・一色伊予守六郎の妻である護王姫が落ち延びる際の出産にまつわる伝説があります。
また、護王姫を供養する目的で、江戸時代に建てられたと伝えられている石碑が残っています。

住所:海老名市上今泉6-20-11付近
アクセス:かしわ台駅西口より徒歩6分
駐車場:なし


かいな坂

(かいな坂)

護王姫の伝説の中で、この坂辺りで追討軍に追いつかれ、護王姫の護衛兵は全員討ち死、護王姫の生んだ子供も追討兵に殺されてしまったといわれています。護王姫も子供も守れなかった「不甲斐ない」家臣達がこの坂で討ち死にしたことから「不甲斐ない坂」となり、「かいな坂」と転訛したといわれています。

住所:海老名市上今泉1-8付近
アクセス:海老名駅東口より神奈中バス「上今泉」下車5分
駐車場:なし


海老名氏霊堂

海老名氏霊堂

海老名氏は、源有兼が永久元(1113)年から4年間相模守として当地に在任し、
その当時武蔵・相模の武士団であった横山氏と婚姻関係を結び、生まれた季兼が在地名の海老名氏を名乗ったとされています。
海老名氏は「吾妻鑑」や「曾我物語」にも登場する有名な武将で、後に海老名氏、本間氏、国分氏、下海老名氏、荻野氏に分家します。
海老名氏は、和田義盛の乱で和田方について敗北し、大きく勢力をそがれます。
そして、永亭の乱で足利持氏方についたため宗家は滅んだとされます。
霊堂には宝篋印塔や五輪塔の一部が納められています。

住所:海老名市河原口3-8付近
アクセス:厚木駅より徒歩16分
駐車場:なし


お松の碑

お松の碑

寛文2(1662)年鳩川の氾濫を防ぐため治水工事が行われました。この際、村の娘お松が人柱になったことから村人がお松の供養塔(地蔵尊)を建て、かたわらに榎を植えました。地蔵尊は1970年代になくなってしまいましたが、平成5(1993)年に地元の人が新たなお松地蔵尊を建立しました。また、この地はお松の榎に由来した榎戸という地名が残っています。お松の碑の周辺の水田にはめずらしい小さなホシクサが生育しており、刈り入れの頃に咲く小さな花は白い星を思わせます。

住所:海老名市上今泉1701先
アクセス:海老名駅東口より神奈中バス「中心学園入口」下車3分
駐車場:なし


鳳勝寺

鳳勝寺(市HP)

昭和17~19(1942~1944)年、相模湖ダム建設により水没する旧津久井郡日蓮村勝瀬(現・相模原市緑区藤野町)が海老名に集団移転することになりました。
鳳勝寺は、勝瀬の住民とともに現在地に移転してきました。
「新編相模国風土記稿」では、山号を春日山、功雲寺(相模原市緑区根小屋)の末寺とされています。
本尊は、木造釈迦三尊像で、釈迦如来坐像、文殊菩薩坐像、普賢菩薩坐像いずれもその作風から江戸時代前期に造像されたと考えられています。
また、宗風の宝冠釈迦の形態をもちその作風から室町時代南北朝期(14世紀)に造像されたと考えられる木造釈迦如来坐像、江戸時代後期に仏師宗女によって造像されたと考えられる阿弥陀如来坐像、いずれも江戸時代と考えられる達磨大師像や大権菩薩像、韋駄天像、十二神将像なども安置されています。
創建時代は不明ですが、開山は法泉(?~1521)と伝えられることから室町時代中頃に建立されたと考えられます。

住所:海老名市勝瀬10-1
TEL:046-231-4142
アクセス:海老名駅東口より相鉄バス「海老名中学校」徒歩5分、または海老名駅東口より徒歩20分
駐車場:あり

海老名市ホームページ(郷土かるた)