歴史

六刀碑・川寿稲荷

(六刀碑)

江戸時代の初めに、徳川家康の老臣であった高木主水助清秀は5,000石を賜り、中新田に居をかまえていました。家康は鷹狩を好み、中原(平塚市)での鷹狩の帰りに、老臣清秀の住居に寄って、時服等を下賜した、と伝えられています。清秀の子、正次の時に加増され大名となり、所領は河内国へ国替えとなりました。このとき、家臣のうち内田、遠藤、盛屋、杉本、鈴木、小川の6氏が中新田にとどまり近くの稲荷の森に刀を納めて土着し、農業に転じました。その功を残すため、子孫の人たちが昭和41(1966)年に建てたのが六刀碑です。

住所:海老名市中新田3-17-76
アクセス:厚木駅より徒歩12分
駐車場:なし


護王姫の碑

(護王姫の碑)

永亭の乱(1438年)のおり今泉館から当主・一色伊予守六郎の妻である護王姫が落ち延びる際の出産にまつわる伝説があります。
また、護王姫を供養する目的で、江戸時代に建てられたと伝えられている石碑が残っています。

住所:海老名市上今泉6-20-11付近
アクセス:かしわ台駅西口より徒歩6分
駐車場:なし


かいな坂

(かいな坂)

護王姫の伝説の中で、この坂辺りで追討軍に追いつかれ、護王姫の護衛兵は全員討ち死、護王姫の生んだ子供も追討兵に殺されてしまったといわれています。護王姫も子供も守れなかった「不甲斐ない」家臣達がこの坂で討ち死にしたことから「不甲斐ない坂」となり、「かいな坂」と転訛したといわれています。

住所:海老名市上今泉1-8付近
アクセス:海老名駅東口より神奈中バス「上今泉」下車5分
駐車場:なし


海老名氏霊堂

海老名氏霊堂

海老名氏は、源有兼が永久元(1113)年から4年間相模守として当地に在任し、
その当時武蔵・相模の武士団であった横山氏と婚姻関係を結び、生まれた季兼が在地名の海老名氏を名乗ったとされています。
海老名氏は「吾妻鑑」や「曾我物語」にも登場する有名な武将で、後に海老名氏、本間氏、国分氏、下海老名氏、荻野氏に分家します。
海老名氏は、和田義盛の乱で和田方について敗北し、大きく勢力をそがれます。
そして、永亭の乱で足利持氏方についたため宗家は滅んだとされます。
霊堂には宝篋印塔や五輪塔の一部が納められています。

住所:海老名市河原口3-8付近
アクセス:厚木駅より徒歩16分
駐車場:なし


お松の碑

お松の碑

寛文2(1662)年鳩川の氾濫を防ぐため治水工事が行われました。この際、村の娘お松が人柱になったことから村人がお松の供養塔(地蔵尊)を建て、かたわらに榎を植えました。地蔵尊は1970年代になくなってしまいましたが、平成5(1993)年に地元の人が新たなお松地蔵尊を建立しました。また、この地はお松の榎に由来した榎戸という地名が残っています。お松の碑の周辺の水田にはめずらしい小さなホシクサが生育しており、刈り入れの頃に咲く小さな花は白い星を思わせます。

住所:海老名市上今泉1701先
アクセス:海老名駅東口より神奈中バス「中心学園入口」下車3分
駐車場:なし


鳳勝寺

鳳勝寺(市HP)

昭和17~19(1942~1944)年、相模湖ダム建設により水没する旧津久井郡日蓮村勝瀬(現・相模原市緑区藤野町)が海老名に集団移転することになりました。
鳳勝寺は、勝瀬の住民とともに現在地に移転してきました。
「新編相模国風土記稿」では、山号を春日山、功雲寺(相模原市緑区根小屋)の末寺とされています。
本尊は、木造釈迦三尊像で、釈迦如来坐像、文殊菩薩坐像、普賢菩薩坐像いずれもその作風から江戸時代前期に造像されたと考えられています。
また、宗風の宝冠釈迦の形態をもちその作風から室町時代南北朝期(14世紀)に造像されたと考えられる木造釈迦如来坐像、江戸時代後期に仏師宗女によって造像されたと考えられる阿弥陀如来坐像、いずれも江戸時代と考えられる達磨大師像や大権菩薩像、韋駄天像、十二神将像なども安置されています。
創建時代は不明ですが、開山は法泉(?~1521)と伝えられることから室町時代中頃に建立されたと考えられます。

住所:海老名市勝瀬10-1
TEL046-231-4142
アクセス:海老名駅東口より相鉄バス「海老名中学校」徒歩5分、または海老名駅東口より徒歩20分
駐車場:あり

海老名市ホームページ(郷土かるた)


海老名氏記念碑
(上郷遺跡)

海老名氏記念碑

海老名氏の記念碑には、上郷遺跡の道を挟んだ南側にあります。
上郷遺跡は、畑の耕作中に偶然発見された遺跡です。発掘調査により、五輪塔や板碑、集石遺構が確認されました。板碑は室町時代の年号が彫られたものが大半を占めており、御屋敷などの小字名や宝樹寺(廃寺)などから、この地を治めた海老名氏に関係する墓地ではないかと考えられています。

住所:海老名市河原口3-28付近
アクセス:海老名駅東口より徒歩16分
駐車場:なし


浅井の水

140101052A(浅井の水)

鎌倉時代に清水寺が再興された時に堂前から清水が湧き出したことから清水寺の寺名となったと言い伝えられています。
この清水が「浅井の水」と呼ばれ、その中央には水神塔がまつられています。冬の渇水期以外は水をたたえており、永池川の源流点とされています。
清水寺は江戸時代に東の丘に移転しましたが、このような由来から地元の人は今でも清水寺本堂(龍峰寺観音堂)を水堂と呼んで親しんでいます。
昭和35年頃に水道が引かれるまでは周辺の家の生活用水として利用されていました。

住所:海老名市国分北1-24付近
アクセス:海老名駅西口より徒歩12分
駐車場:なし


寿閑寺

寿閑寺1寿閑寺

数多くの尊像が安置されています。脇侍二菩薩像は海老名市指定の重要文化財となっています。

続きを読む


本覺寺

本覺寺本覺寺如来坐像

本覺寺毘沙門天

本尊は木造大日如来坐像。海老名市指定の重要文化財となっています。また、毘沙門堂にある木造毘沙門天立像は、「相模七福神」巡りの1箇所としても有名です。

住所:海老名市本郷4618
TEL046-238-3593
アクセス:海老名駅東口より神奈中バス「恩馬ケ原」下車徒歩10分
駐車場:あり


大きな地図で見る