豊受大神

豊受大神

創建時期は不明ですが、祭神は豊受媛命で、ご神体は木造と伝えられています。拝殿には江戸期の絵馬3面が伝わっており、いずれも海老名市指定の有形文化財となっています。その内の1面は地元の画家である金指桂山が奉納したものとして有名です。

住所:海老名市杉久保北2-22-1
アクセス:海老名駅東口より相鉄バス「城山」下車徒歩8分
駐車場:あり

海老名市ホームページ(郷土かるた)


大きな地図で見る