本郷神社

本郷神社(本殿)本郷神社(本殿)
本郷神社(天満宮)本郷神社(龍)

鎮座地は本郷字本宿です。明治7年(1874)3月に、神明社・八幡社(八幡宮)・山王宮・白山社・稲荷社が合祀されて五社宮と称するようになりました。その他に、境内神社 天満宮があります。
大正5年(1916)10月に本郷神社と改称、村社に列せられました。昭和8年(1933)4月に本殿・拝殿を新築し、現在に至ります。昭和8年(1933)10月に白山社・稲荷社が合祀されました。

住所:海老名市本郷2656
アクセス:門沢橋駅より徒歩20分、または 海老名駅と寒川駅を結ぶ路線バス「下河内」下車徒歩5分
駐車場:数台(鳥居の前)

路線図等の詳細は、下記「海老名市ホームページ」をご覧ください。

 海老名市」ホームページ