内出稲荷

(内出稲荷)

鎌倉時代の武士団である海老名氏の一族に国分氏がおり、国分の地に館を構えたのではないかといわれています。内出稲荷は、この国分氏の屋敷の鬼門除けとして建立されたとの伝承があります。

住所:海老名市国分北1-5
アクセス:海老名駅西口より徒歩11分、または海老名駅西口よりコミュニティバス上今泉ルート「内出稲荷」下車徒歩2分
駐車場:なし