六刀碑・川寿稲荷

(六刀碑)

江戸時代の初めに、徳川家康の老臣であった高木主水正清秀は5,000石を賜り、中新田に居をかまえていました。家康は鷹狩を好み、中原(平塚市)での鷹狩の帰りに、老臣清秀の住居に寄って、時服や雁等を下賜した、と伝えられています。清秀の子、正次の時に加増され大名となり、所領は河内国へ国替えとなりました。 このとき、家臣のうち内田、遠藤、盛屋、杉本、鈴木、小川の6氏が中新田にとどまり近くの稲荷の森に刀を納めて土着し、農業に転じました。その後を残すため、子孫の人たちが昭和41年に建てたのが六刀碑です。

住所:海老名市中新田3-17-76
アクセス:厚木駅より徒歩12分
駐車場:なし