七重の塔

 

海老名のシンボル「七重の塔」は、平成4年(1992)に市制20周年を記念して観光の象徴として建てられました。奈良時代の海老名にあった相模国分寺の七重塔を1/3に縮小して再現したものです。

住所:海老名市中央1-5
アクセス:海老名駅東口より徒歩3分(海老名中央公園内)
駐車場:なし(地下市営有料駐車場あり)


大きな地図で見る